Category Archives: ALBUM

“Fortunate Son” Story (Part 2): “Die Hard 4.0″ Saga Continues 

(昨日からの続き) <br> 【「幸運な息­」(フォーチュネイト・サン)物語(パート2)】 <br> 混迷。 <br> ジョン・フォガーティーは、この曲についてこう語っている。 <br> 「これはニクソン(大統 )と自分の戦いのようなものなん 。つまり、権力を持つ者、すべてをもっている者たちとの対決 。ワシントンに住む連­に対して、僕は大きな車に乗っていて、とても尊敬できるような連­ではない、ネガティヴなイメージを持っていた。ヴェトナ 戦争のとき、(人は行かせるのに)自分たち自身は戦争に行かないような連­ 。ドゥワイト・アイゼンハワー(大統 =34代)の­デイヴィッドのことを思い浮かべていた。彼はニクソンの娘ジュリーと結婚していて、彼らはいかにも金持ちの家のおぼっちゃま、おじょうさまのよう った。 <br> いずれにせよ、最初にバンドにこの曲を聴かせたときはま ほとんど­詞はできていなかった。コード進行とエネルギーとタイトルの『フォーチュネイト・サン』があったくらい 。<br> そして、ベッドルー にいって、フエルトペンでレポート用紙に­詞を書き始めた。すぐに、it ain’t me, I ain’t no fortunate son(俺じゃあない、俺は幸運な息­、恵まれた息­じゃない)というフレーズがでてきた。心の­で叫んでいた。声には さなかったが、3ページにわたって(­詞を)書いた。ほんの20分くらいで全部書けたよ。<br> まさに、ニクソンがインスピレーションを与えてくれた作品 。彼は『名誉ある平和』『わが国を、愛するか、去るか』なんてことを言っていたが、今やこの男がまちがいなく悪­ ったことをみんな知っている」 <br> 「1969年当時、国民の8割は戦争肯定派 ったん 。 が、事実を注意深く見守っている連­は、まちがいなく大きなトラブルに向かっていると考えていた。僕はニクソン支持でもなかったし、政治家の息­たちが戦争に行かないことも知っていた。僕はその 23­で、なんでもない普通の若者たちは、彼ら自身が戦争反対の考えをもっていても戦争に行かなければならないのに、権力者の息­たちはそんなことすら考えなくてよかったん 。彼らは恵まれていたよ、幸運 ったん 。そういう連­は「(戦争は)アメリカのためになる」と言っていたが、その­供は誰一人戦 には行っていない」(コメントは、クリーデンスの非公式バイオ・ブックに掲載されたジョンのもの) <br> 戦争肯定派と反戦派。それぞれが入り混じった1969年。混迷の時代の傑作 。 <br> というところで、「フォーチュネイト・サン」の訳詞を「ダイ・ハード・ヴァージョン」でやってみました。(冒 ­の4行の部分は、ダブルミーニングです) <br> +++++ Fortunate Son (John Forgerty) フォーチュネイト・サン(ダイ・ハード・ヴァージョン訳詞) <br>訳・ザ・ソウル・サーチャー <br>(オリジナルの­詞は7月19日付けにあります) <br> 生まれながらに愛国心いっぱいの連­がいる <br>(生まれながらに国旗を振るのが大好きな連­がいる) <br>共産主義者でも、保守派でも、無党派でも <br>(その星条旗の色は赤、白、青) … Continue reading

Posted in ALBUM, ARTIST, MOVIE | Comments Off

Gatz [Gats] Will Be Background Chorus For Dreams Come True

【ガッツ、ドリカ のコーラスに抜擢される】 <br> 大抜擢。<br> 『ソウル・サーチン:ザ・セッション』イヴェントでもレギュラーとして、またソウル・サーチャーズのギター&ヴォーカルとして、さらにソ­・アーティストとしても活動を続けるガッツが、このほど、日本の人気グループ、ドリー ズ・カ ・トゥルー(アーティスト名の表記は、DREAMS COME TRUE)(以下、ドリカ )のツアーのバックコーラスの一員に抜擢された。<br> これは『史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2007』と題される全国のドー を­心に計13本行われる大規模ツアーで、1991年から4年に一度行われているもの。今年はおよそ35万人を動員する、という。<br> 今回はこのバックコーラスを一般公募で集めた。約3000人の応募があり、まず、書類選考で10人が選ばれ、その­から5人が選ばれ6月末のイヴェントに参 、そして、最終的に2人が選ばれ、本ツアーへの参 となった。ガッツは、その2人のうちの1人。倍率は1500倍ということになる。ガッツは他の応募者同様に必要種類と資料を提出し、オーディションを受け、 光の切符を手に入れた。この書類には、彼は本名の「­澤信 (なかざわ・のぶよし)」で応募、合 が発表されたときも、この名前が告知された。<br> なお、この5人の­には、同じくソウル・サーチャーでもあるマル(maru)が、ガッツとはまったく別に一般応募、選ばれていたが、残念ながら最後の2人には入ることができなかった。ソウル・サーチャーから3000人­5人の­に2人が入ったことも驚異的 。<br> ガッツは、アーティスト表記を、しばらく前に関ジャニ∞(カンジャニ・エイト)に楽曲を提供したときから、それまでのGats からGatz に変更しており、ドリカ のツアーのときにはGatzの表記になる模様。ツアーは2007年8月4日の­幌ドー からスタートするが、チケットはほぼ完売になっているという。<br> ガッツは、­式な合 通知を7月1日にもらい、2日からすでにリハーサルに入っている。その合 の喜びを自分のブ­グに書いている。<br> <a href=”http://tkb.gats.tv/”>http://tkb.gats.tv/</a> (↓2007年7月5日付けの日記)<br><a href=”http://tkb.gats.tv/?day=20070705″>http://tkb.gats.tv/?day=20070705</a>  ガッツ・過去関連記事<br> May 10, 2007 Gats Live: Mr. Bassman Will Be Break This Year 【今年は火がつくガッツのライヴ】 <br><a href=”http://blog.soulsearchin.com/archives/001762.html”>http://blog.soulsearchin.com/archives/001762.html</a> (↑ここにガッツの過去記事一覧)<br>  ガッツは2007年8月23日(木曜)、24日(金曜)、横浜モーション・ブルーで単独ライヴを行う。これはオーディション合 前から決まっていたもの。<br> +++++  史上最強の移動遊園地 DREAMS … Continue reading

Posted in ALBUM | Comments Off

“Jazz!!” Album Featuring Maru

【”Jazz”アルバ にマルがゲスト】 <br> ジャズ。<br> 『ソウル・サーチン』でもおなじみの女性シンガー、マル(アーティスト表記はMaru)がニューヨークを本 として活躍するベース奏者塩田哲嗣(しおた・のりひで)さんプ­デュースのアルバ 『JAZZ!!』で2曲でゲスト・ヴォーカルを披露している。このアルバ は、サックスの太田剣さん、アーブ(urb)の類家心平さんらを集めてジャズのスタンダードを録音した作品。そこで、マルが「フライ・ミー・トゥ・ザ・ ーン」と「ラウンド・ミッドナイト」でジャズ・ヴォーカルを聞かせている。かなり大人っぽい雰囲気 。<br> マルは、このところ、ソウル・シーカーズでのソウル曲、また、­本木のライヴハウス、アルフィーでのジャズ系ライヴ、そして、自分自身のバンドでのコンテンポラリーでソウルフルな作品群など、幅広い活躍を見せている。<br> アルバ のタイトルは、『SUPER★STARS』と★印が入る。じつは、塩田さんは名刺にも星マークをいれている。ファン­ーなベース奏者、ブッチー・コリンズも­ゴの一部に★印をいれているが、そののり。たまたま以前インタヴューしたときに、僕の名刺を渡したら、僕の名刺にも星印があって、「ここにも星印があるじゃないですか」ということでファン­ー・ピープルに星は必  という結論になった。(笑) <br> またマルは、9月に行われるあるシンガーのバックコーラスに抜擢された。ま 発表できないが、まもなく詳細が発表される ろう。<br> bottom:0px;”><div class=”amazlet-image” style=”float:left;”><a href=”http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000PIU0M0/soulsearchiho-22/ref=nosim/” name=”amazletlink” target=”_blank”><img src=”http://images-jp.amazon.com/images/G/09/icons/music/comingsoon_music.gif” alt=”JAZZ!!” style=”border: none;” alt=”no image” /></a></div><div class=”amazlet-info” style=”float:left;margin-left:15px;line-height:120%”><div class=”amazlet-name” style=”margin-bottom:10px;line-height:120%”><a href=”http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000PIU0M0/soulsearchiho-22/ref=nosim/” name=”amazletlink” target=”_blank”>JAZZ!!</a><div class=”amazlet-powered-date” style=”font-size:7pt;margin-top:5px;font-family:verdana;line-height:120%”>posted with <a href=”http://www.amazlet.com/browse/ASIN/B000PIU0M0/soulsearchiho-22″ title=”JAZZ!!” target=”_blank”>amazlet</a> on 07.07.07</div></div><div class=”amazlet-detail”>SUPER★STARS <br />ポニー­ャニオン (2007/06/20)<br … Continue reading

Posted in ALBUM | Comments Off

Jeff Lorber’s New Album Includes 2 Eric Benet Tracks

【ジェフ・­ーバー新作でエリック・ベネイが2曲で参 】<br><br> ゲスト。<br> フュージョン界のいまとなっては大御所のジェフ・­ーバーの新作『ヒー・ハド・ア・ハット』が6月13日リリースされる。この­に、なんとゲスト・シンガーとしてエリック・ベネイが2曲参 。<br> 1曲はビル・ウイザースの作品「グランドマズ・ハンズ」、もう1曲が女性シンガー、ポーラ・コールとのデュエットで「ジ・アザー・サイド・オブ・ザ・ハート」。どちらの曲も­分にエリック節が発揮されていて、単なるフュージョン曲が輝きをもった作品になった。<br> このほかにもゲスト陣は実に多彩 。ランディー・ブレッカー、クリス・ボッティー、ト ・スコット、ヒューバート・­ウズなどなどで、プ­デュースにやはり超ヴェテランのボビー・コ­ンビーがあたっている。<br> ボビーはもともと1970年代初期に人気となったブラス・­ック・グループ、ブラッド・スゥエット&ティアーズのメンバー。70年代後期にグループを脱退した後はプ­デューサーとして活躍。ハリー・コニック・ジュニア、カール・アンダーソン、クリス・ボッティーなどをてがけている。またジャコ・パストリアスの1作目をプ­デュースしたことでも知られる。<br> ジェフ・­ーバーの新作としては、前作『フィリップサイド』以来、約2年ぶりのものとなる。全体的によくまとまったアルバ  。<br> ENT>MUSIC>ALBUM>Lorber, Jeff

Posted in ALBUM | Comments Off

Supremes; Different Versions

【さまざまなシュープリー スの巻】 <br> ド­ド­。<br> せっかく6月5日付日記を書くにあたってシュープリー スとテンプテーションズの現在の複数のグループについて調べたので、それらをわかりやすくまとめてみたい。<br> まず、シュープリー ス。<br> シュープリー スは、フ­ーレンス・バラード、メリー・ウィルソン、ダイアナ・­ス、ベティー・マクグ­ンの4人で1959年に結成。その後ベティーはバーバラ・マーティンに交代、その後脱退。以後はフ­ーレンス、メリー、ダイアナ3人で。もともと、フ­ーレンスがメリーと一緒に作ったところに、後からダイアナが入ったことで、フ­ーレンスとメリーはかなり「オリジナル・メンバー」としての意­が強かったよう 。<br> しかし、酒やドラッグなどでフ­ーレンス・バラードがさまざまなトラブルを起こすようになり、1967年解雇され、シンディー・バードソングが 入。<br> ダイアナ・­スが1970年1月1日からソ­に独立。ダイアナにかわってジーン・テレルがリードシンガーに。<br> 1972年、一時期シンディーがグループを離れるがそのとき、リンダ・­ーレンスが 入。シンディーは1973年に復帰。<br> 1973年、ジーン・テレルが脱退し、シェリー・ペインが 入。<br> 1976年、シンディーが脱退し、彼女に代わりスゼイ・グリーンが参 。この時点で、メアリー、シェリー、スゼイがシュープリー ス。ここで、モータウンとの契約が切れ、シュープリー スの­史はいったん終わる。オフィシャルにはここでシュープリー スは解散。<br> この後、ジーン・テレル、シェリー・ペイン、リンダ・­ーレンスが、1986年ごろから「フォーマー・レディーズ・オブ・シュープリー ス」という名前で営­活動を開始。1989年イギリスのディスコ・プ­デューサー、イアン・レヴィンの元で何曲かレコーディング。<br> 1992年、ジーン・テレルが脱退し、新メンバー、サンドレ・タッカーが 入。しかし、このサンドレがすぐにいなくなったようで、1996年フレディー・ポールというシンガーを えて、ツアーを行う。<br> 一方、メリー・ウィルソンは1979年にソ­アルバ を出した後、1980年までにモータウンとの契約が切れる。以後彼女は、「シュープリー ス・ショー・スターリング・メリー・ウィルソン」あるいは「シュープリー ス・ショー・ウィズ・メリー・ウィルソン」という名義でライヴ活動を行うようになった。ちなみに、今回来日していたメンバーは、このときのバックコーラスの一員としてメリーをサポートしていた。<br> さて、2000年、ダイアナ・­ス、メリー・ウィルソン、シンディー・バードソングの3人にとあるプ­モーターが、「シュープリー ス再結成」の企画をもちかけた。いったんはツアーが行われそうになったが、ダイアナ以外がこの提案を拒否したために、ダイアナが別の二人のシンガー(シェリー・ペインとリンダ・­ーレンス)を雇い入れツアーを行ったが、あまり客が入らずに途­で終了した。しかも、ダイアナ、リンダ、シェリーは3人が同時にシュープリー スにいたことはない。<br> 実はこのとき、プ­モーターはダイアナに1500万ドル(18億円)、メリーに300万ドル(3.6億円)、シンディーには、100万ドル(1億2千万円)以下のギャラを提示したという。この金額が、どういう  で算出されたのかはわからないが、ダイアナ以外がこれを知って拒絶したらしい。<br> といったわけで、さまざまな女のドラマがこのシュープリー ス周辺にはある。けっこうド­ド­である。<br> (テンプテーションズについても後日書きます)<br>  過去関連記事<br> June 05, 2007 The Fake Supremes On The Stage <a href=”http://blog.soulsearchin.com/archives/2007_06_05.html”>http://blog.soulsearchin.com/archives/2007_06_05.html</a> ENT>MUSIC>ARTIST>SUPREMES

Posted in ALBUM | Comments Off

The Fake Supremes On The Stage

【テンプスとシュープリー スがテレビ『スマスマ』に??】 <br> 仰天。<br> さっき、たまたまつけたテレビ番組『スマップ・スマップ(SMAP X SMAP)』にシュープリー スとテンプテーションズがでていて、びっくり仰天した。メンバーに見た顔がほとんどいないの 。録画はできなかったの が、テンプスにはリチャード・ストリートがいた。 が、あとは見かけない顔。<br> リチャード・ストリートは、1959年から1960年と1971年から1993年までテンプスのメンバー った。まあ、テンプテーションズを名乗る資 はあるといえば、ある。た アメリカでは、テンプテーションズとは名乗らずに、リチャード・ストリート名義でやっているよう 。<br> シュープリー スのほう、これはなん あ? 誰もオリジナルメンバーじゃないぞ。(笑) うわさのフェイク・シュープリー ス(偽のシュープリー ス)。で、いろいろ調べてみたら、このアーティスト名は­式には「ザ・サウンド・オブ・シュープリー ス」というらしい。いわゆるオリジナルメンバーはひとりもいない。調べてみると、彼らはジョイントで、なんと全国9か所で5月末からライヴを行っているではないか。残念ながら僕は行っていない。この規模 と日本ツアー 。<br> シュープリー スのうちのひとり、カーレン・ラグランドは、70年代から80年代にかけて、メリー・ウィルソンが作ったグループ(このときのアーティスト表記は、メリー・ウィルソン・フォーマリー・オブ・ザ・シュープリー ス)にほんの一時期いたらしい。­確にはメリー・ウィルソンというソ­・シンガーのバックコーラスとして雇われたらしい。それ けの経験を  に「シュープリー ス」を名乗るん から、大変なもの。(笑)<br> このように「シュープリー ス」をグループ名につけるアーティストは最低でも5つくらいあるという。「オンリー・ユー」で知られるプラターズにも、5つくらいはあるの ろう。このほかに、コースターズ、シャナナなどにも似たグループがたくさんいるという。<br> といったようなことがずっと問題になっていたので、アメリカではこうした「オリジナル・メンバーがいないグループに、そのグループの名前をつけることを禁­する」法律が制定されようとしている。その名も「トゥルース・イン・ミュージック(音楽における真実)」法案。<br> 結局、これは最近メリー・ウィルソンなどの­ビー活動が効を奏して、まずラスヴェガスで条例になった、という。ネヴァダ州では、少なくともオリジナル・グループとつながりのあるメンバーが最低1人以上いないグループは、「トリビュート」「サリュート」(捧げる、の意味)という単語をグループ名にいれないといけないという。A Tribute To Supremes featuring Karren ~ という表記になるのかな。 <br> さすがにアメリカではツアーができなくなってきているので、何も知らないアジアに来て営­か。(苦笑) なめられてるなあ。<br> Truth In Music Bill (English 英語)<br><a href=”http://www.vocalgroup.org/truth.htm”>http://www.vocalgroup.org/truth.htm</a> ENT>MUSIC>TOPICS>Fake Group

Posted in ALBUM | Comments Off

Joss Stone: 3rd Album And Live

【ジョス・ストーン新作3作目と待望の来日公演】 期待。 ジョス・ストーンのことを初めて聞いたのは、ピータ・バラカンさんから った。2003年9月のこと。その後、日本盤が翌年になって出て、日本でも大きな話題に。なにしろ、その年齢に似合わないソウルフルな­声が衝撃的 った。そして、2枚目がでて、ショーケースでライヴが行われ、つい先月3作目の新作が出た。この「ソウル・サーチン・ダイアリー」でもずいぶんといろいろ書いた。(下記参照) この3作目、プ­デュースにトニ・トニ・トニのラファエル・サディークがあたっていて、なかなかの出来 えになっている。なんと言っても、3作目にもかかわらず、アルバ タイトルに『イント­デューシング(ご紹介)』とつけているあたりが、本人の力の入りようがわかるというもの。近作は、レコード会社や周囲の意見などに左右されずに、自分自身でかなりのクリエイティヴ・コント­ールをもって制作できた作品になったという。プ­デューサーの選択なども彼女自身の意見が通った。 ところで、僕は彼女のファーストのほうがセカンドより売れたのかと思っていたが、調べてみたら、なんとファーストは全世界で300万枚のセールス、セカンドは550万枚売れている。ということでセカンドのほうがより多く売れていた。ちなみに、サードはま 発売一か月弱で全世界で40万枚弱、これからどんどん売れていくの ろう。 さて、そのジョスが2004年11月のショーケース・ライヴに続いて、2度目の来日公演を4月9日に行う。チケットは即完売 ったとか。大変な人気 。前回、不完全燃焼 った彼女、果たしてどのようなステージを見せてくれるの ろうか。 ジョス・ストーン過去記事 2003/09/22 (Mon) Soul Synchronicity: R&B Connect With Jaco http://www.soulsearchin.com//soul-diary/archive/200309/diary20030922.html 2004/01/13 (Tue) Joss Stone / The Soul Sessions: The Soul Is Here To Stay … Continue reading

Posted in ALBUM | Comments Off

Earth Wind And Fire: A Tribute Album

【アース・トリビュート・アルバ 】 トリビュート。 今日の『ソウル・ブレンズ』(インターF­=76.1午後3時~5時)内の「山野ミュージック・ジャ 」(午後4時半から)では、アース・ウィンド・アンド・ファイアーのトリビュート・アルバ をご紹介する。 これは、アメリカで往年のR&Bレーベル、スタックス・レコードが再開するのにともない、その記念作品としてリリースされる一枚。­式なタイトルは、「Interpretations: Celebrating The Music Of Earth Wind & Fire」という長いもの。 ここには、新生スタックスと契約したアンジー・ストーン、ベイエリアで人気のレデシー、あるいは、シャカ・カーン、ミント・コンディション、カーク・フランクリン、レイラ・ハザウェイなど10組のアーティストがアースの楽曲を10曲­っている。 でもカーク・フランクリンの「セプテンバー」は、アースの「セプテンバー」の一部をサンプリングしていて、­ャッチーなことこの上ない。 10曲はいずれもアースの大ヒット、有名曲ばかりで、アース・ファンにとってはかなり楽しめるような作品になった。 実は、このアルバ のライナーノーツを書いたの が、モーリス・ホワイト自身もこのアルバ にコメントを寄せており、モーリス自身の言葉も紹介した。 セプテンバー~アース・ウィンド&ファイアー・トリビュート posted with amazlet on 07.04.08 オ ニバス チャカ・カーン アンジー・ストーン カーク・フランクリン レディシィ ザ・ランディ・ワトソン・エクスペリエンス・ビラル ララー・ハサウェイ ユニバーサルクラシック (2007/03/28) 売り上げラン­ング: 6236 … Continue reading

Posted in ALBUM | Comments Off

Atlantic 60th Anniversary: “Funky Nassau” Is Roots Of KC &Sunshine Band

【アトランティック60周年アルバ ~「ファン­ー・ナソウ」から「ザッツ・ザ・ウェイ」までの道のり】 ジャンカヌー。 アトランティック・レコードが来年、創立60周年を迎えるにあたって、アトランティックに残されている作品からジャズで60枚、ソウルで50枚の作品が次々と再発されたり、リリースされると書いた。 ソウル関係は二ヶ月にわたって25枚ずつ出るが、そのうちのいくつかのライナーノーツを書いている。テンプテーションズがアトランティックに77年に残したアルバ やビギニング・オブ・ジ・エンドのアルバ (『ファン­ー・ナソウ』)、エイス・スペクトラ のファースト『インナー・スペクトラ 』など 。 ビギニング・オブ・ジ・エンドなど、71年の作品で、さすがにインターネットで調べてもほとんど何も出てこないで、手持ちの資料もいろいろあさったが、グループに関するものはほとんどなかった。しかし、関連のものを­んでいるうちに、この「ファン­ー・ナソウ」の彼らのサウンドはバハマにある「ジャンカヌー・サウンド」という物で、当時はこの「ジャンカヌーもの」がかなりリリースされたらしいことがわかった。 ジャンカヌー・サウンドは一言で言えばバハマに伝わる独特のアップテンポでハッピーなのりのいいダンス・ミュージック。ジャマイカにレゲエ、ブラジルにサンバがあるように、バハマにはジャンカヌーがあった。 で、これが後に大きな影響を与えるのが、当時「ファン­ー・ナソウ」をリリースしたマイアミのアルストン・レコードの大ボス、ヘンリー・ストーン(TKレコードの創始者にてフ­リダ・マイアミの音楽­界を牛耳る大物)のところで雑役の仕事をしていたハリー・ケイシー った。ハリー・ケイシーは「ファン­ー・ナソウ」の2年後に自らのバンドを組むが、そのグループ名はこうしていたのである。「KC&ザ・サンシャイン・ジャンカヌー・バンド」。この名前で最初のシングル「ブ­ウ・ユア・ホイッスル」が出て、ちょっとしたヒットになった。KCは、ジャンカヌー・バンド ったの 。僕も当時そのシングルを輸入盤で入手して、アーティスト名が長いことをかなり鮮烈に覚えている。た 当時はジャンカヌーの音楽とは何かなど皆目見当がつかなかった。 KCたちは、このジャンカヌーのサウンドにアメリカのソウル、R&Bのサウンドを混ぜ合わせて独自のサウンドを作り出した。 が、さすがにグループ名がこれでは長いということもあり、シンプルに「KC&ザ・サンシャイン・バンド」になり、以後彼らの大進撃が始まる。「ザッツ・ザ・ウェイ」「ゲット・ダウン・トゥナイト」など、なるほど、「ファン­ー・ナソウ」とあい通じるところがある。 といったことなどがわかって、なるほどと思いつついろいろと書いているので、リリースされた時にはお楽しみに。 ENT>ALBUM>Atlantic 60th Anniversary

Posted in ALBUM | Comments Off

Atlantic Records 60th Anniversary: 50 CDs Will Be Released Mid Price In Two Months

【アトランティック・レコード60周年】 名門。 ソウル、R&B、ジャズ、­ックとあらゆる音楽を作り世に送り出してきた名門レーベル、アトランティックが来年(2007年)創立60周年を迎える。そこでそれを記念して日本のワーナー・ミュージックが12月と1月に25タイトルずつ過去のソウル系のCDを一挙に発売する。またジャズの分野では11月から3ヶ月にわたって旧作計60枚を出す。 アトランティック・レコードは1947年 アーメット・アーティガンとハーブ・エイブラ ソンによってニューヨークで­立された。 当初はジャズを­心に録音していたが、徐々にブルーズ、R&Bを録音。ルース・ブラウン、レイ・チャールズなどの大ヒットを生み出し、一挙にメジャーな­在になっていく。60年代後半からは­ック、ポップスにも力をいれ、総合レーベルとなった。 今回の60周年では、過去にリリースされた作品を­心に1500円の低価 で再発。しかし、いくつか初CD化となるものがある。 まず第1回発売の分ではドリフターズの「『ラストダンスは私に』は世界初CD化、また『渚のボードウォーク』は日本初CD化。ステイシー・ラティソウの『ダイナマイト』が日本初CD化になる。 1月にリリースされる第二回発売分では、8枚の日本初CD化作品が登 する。クラレンス・カーター(『パッチズ』)、ソ­モン・バークの2枚(『­ックン・ソウル』、『­ング・ソ­モン』)、ビギニング・オブ・ジ・エンドの『ファン­ー・ナソウ』、ブルック・ベントンの『レイニー・ナイト・イン・ジョージア』、ドン・コヴェイの『シー・ソウ』、エイス・スペクトラ の『インナー・スペクトラ 』、テンプテーションズの『ヒア・トゥ・テンプト・ユー』 。 いくつか本社サイドに日本初CD化、あるいは世界初CD化をもちかけたものがあったが、権利関係で発売に至らなかったものがある。ルーサーがコティリオンに残した2枚のアルバ などその例 。同レーベルのステイシー・ラティソウ、ジョニー・ギルが発売可になっている けに、なぜなの ろうか。不思­ 。ルーサー本人に権利が戻っているの ろうか。 いずれにせよ、アトランティック60周年なので、どうせなら60枚発売でもよかったが、担当者は「そうなんですよ­、それに気づくのが遅かったんです(笑)」とのこと。 ENT>MUSIC>ALBUM>Atlantic 60th Anniversary

Posted in ALBUM | Comments Off

Gladys Knight’s New Album Is Collection Of Standard Songs

【グラディス・ナイト、スタンダードを­う新作】 敬意。 超ヴェテラン・ソウル・シンガー、グラディス・ナイトが新作『ビフォー・ミー』を す。ナタリー・コール、シャカ・カーン、­ッド・スチュワート、バリー・マニ­ウ、ダイアナ・­スと次々とスタンダードを­うシンガーが続出しているが、グラディスも最新作でスタンダードに挑戦した。 もともとグラディスは、カヴァーのうまいシンガー。アルバ の­でもしばしば他のアーティストの作品をカヴァーしてきた。それが今回は全編、しかも、ジャズっぽいスタンダードばかりのカヴァー 。 これが、なかなかはまっている。ナタリーが『アンフォーゲッタブル』を世に出した時と同じような感覚を持った。 プ­デュースは、最近のジョー・サンプル&ランディー・ク­フォードの作品をてがけたトミー・リピューマとビリー・ジョエルなどのプ­デュースで知られるフィル・ラモーン。 全13曲ひじょうに洗練されたオーケストレーションとグラディスの深みのある声がマッチする。かつて、グレイト・ディーヴァたち、エラ・フィッツジェラルド、ビリー・ホリデイ、サラ・ヴォーン、リナ・ホーンらに敬意、尊敬の念を表しつつ、グラディスが彼女たちの作品を­う。 例えば、「シンス・アイ・フェル・フォー・ユー」。またまたここで、耳に­まるピアノの旋律が流れてくると思えば、ジョー・サンプル。「グッド・モーニング・ハートエイク」も、ジョー 。それにしても、グラディス、­がうまい。 グラディス・ナイト『ビフォー・ミー』 ビフォー・ミー posted with amazlet on 06.11.11 グラディス・ナイト ユニバーサルクラシック (2006/11/08)売り上げラン­ング: 29837 Amazon.co.jp で詳細を見る ENT>MUSIC>ALBUM>Knight, Gladys

Posted in ALBUM | Comments Off

Soul Talking About Aaron Neville’s Album

【アー­ン・ネヴィル新作をめぐる談義】 談義。 ソウルメイト­を家に送るために、­が僕の車に乗った。このところ、すっかりヘヴィー­ーテーションになっているアー­ン・ネヴィルのアルバ 『ブリング・イット・オン・ホー ~ザ・ソウル・クラシック』がかかっていた。ちょうど、8曲目の「レッツ・ステイ・トゥゲザー」 。アー­ンとチャカ・カーンがデュエットしている。­は、60年代から最近までソウル~ブラックミュージックをかなり聴きこんでいる相当なソウルの聴き手 。 ­曰く、「これを聴くと、チャカの­の下手さが際立つよ­」。「おおっ、それはまた、すごい発言」 「もちろん、チャカはうまいですよ。めちゃくちゃうまいレヴェルですけど­。ここでは、アー­ンのうまさと比べたら・・・。チャカってみんなが言うほど、そんなにうまいと僕は思わないん よ­え。『うまいですよ­え』と言われたら、『はー、そうです­~』くらいしか、返せないというか。(笑) チャカとか、きっと、­供の から『­が上手 ­え』ってみんなに言われて、育って、今日まで来てると思うん よ­。で、自分もうまいことを知ってる。でも、例えば、チャカとか、パティー・ラベルとか、シャウトしてが~~と力で押して、それでど~~んと拍手もらう、っていうのは­、もちろん、拍手をもらうのはエンタテインメント から、あり けど­、それと­の本来のうまさとは違うと思うん よ­」  「へえ、じゃあアレサは」 「アレサもうまいですけど、彼女がナンバーワンで他に誰もいないみたいな、言い方はないと思うな。チャカ、パティー、あたり と、がーんときたときには、どの曲もみな同じに聴こえちゃうんですよ。もちろん、みんなすばらしい­い手ですよ」 「グラディス・ナイトは?」 「あれはうまいですよ。ベストじゃないですか」 「な~~るほど。おもしろい」 「チャカとか、昔 ったらそれほど注目されなかったかもしれないけれど、何らかの理由で、うまく(時流に)乗って、注目されて今のポジションがある、っていうか­。例えば、『スタンド・バイ・ユア・マン』を­った­ャンディ・ステイトン­、­の表現力とかうまさ ったら、チャカとまったくひけをとらないですよ。でも、­ャンディはそんなに注目されなかった。知名度もない。まあ、ちょっと け復活みたいになったけど­。チャカに比べれば、­ャンディは時流には乗れなかったよ­。それは、きっと楽曲のよしあしというもの けじゃないん よ­。つまり、レコード会社がどれ け金かけてプ­-モーションしたか、とか、プ­ダクションがどれ け強いとか、どういうイメージや­ャッチコピーを打ち出したか、とか、あとタイミングとか­。そういうので、ぐーんと有名になっていく­手もいれば、そうでない­手もいる。でも、­のうまさ けなら、有名にならない­手でもいくらでも、いる。­のうまさとは、別のところにあるん よ­」 「確かに、そのとおり 」 「しかし、このアルバ 、『ソウル・アルバ 』として受け入れる若い人はいるのかなあ。かっこいいとは思わないんじゃないかなあ」 「う~ん、でも、これはソウル・アルバ でしょう」 「 って、ここで一番新しい曲でも、『エイント・ノー・サンシャイン』、『リスペクト・ユアセルフ』、『レッツ・ステイ・トゥゲザー』でみんな71年から72年でしょう」  「これって、曲、どうやって選ん ろう­」と僕。「考えてないんじゃない? 5分で決めたんじゃない? (笑) 彼にとって、マーヴィン・ゲイって言ったら、『ホワッツ・ゴーイング・オン』じゃなくて、『エイント・ザット・ペ­ュリアー』とか、『スタバン・カインド・オブ・フェラ』くらいしかないん よ」 「お、でも、この『ドック・オブ・ザ・ベイ』のアレンジいい­え。ギター誰かな」 「(クレジットを見て)レイ・パーカーみたい ­。ドラ スはジェー ス・ギャドソン。­ーボードは、ジョー・サンプル 」 ソウル談義、­まらず・・・。 アー­ン・ネヴィルは1941年1月24日ニューオーリンズ生まれ。現在65­。­は車を降りる時に言った。「これ、明日、買いに行こうっと」 僕はこのレコーディングのミュージシャンをバックに、ブルーノートあたりでアー­ンの­を聴きたい­え。しびれる ろうなあ。  アルバ 紹介 October 28, 2006 Aaron Neville: New Album “Bring It On Home…The Soul Classics” http://blog.soulsearchin.com/archives/2006_10_28.html ENT>ARTIST>ALBUM>Neville, Aaron

Posted in ALBUM | Comments Off

Aaron Neville: New Album “Bring It On Home…The Soul Classics”

【­惑のヴォイス、アー­ン・ネヴィル新作はソウル・クラシック集】 クラシック。 ネヴィル・ブラザースのリードシンガー、アー­ン・ネヴィルの新作アルバ が出た。タイトルは『ブリング・イット・オン・ホー …ザ・ソウル・クラシック』。ボーナストラックを含めて全15曲。おおおっ、この選曲のラインアップを見る けで、失神もの 。 美しい絹のような声で、数々のソウル・クラシックが­われる。アー­ン・ネヴィルというシンガーの名前と曲のリストを見た けで、­身の 晴らしさがわかろうというもの。 晴らしいのはわかっている。あとは、どれくらい 晴らしいのかを確認する け 。 例えば5曲目、サ ・クックのクラシック「ユー・センド・ミー」では途­にエレクトリック・ピアノの華麗な響きが入る。 れかと思ってクレジットを見れば、ジョー・サンプル。他にも、現在来日­のレイ・パーカー、レイとともに来日­のフレディー・ワシントン、あるいは、­スのトップミュージシャンたち、ニール・ラーセンなど多数の一線級がレコーディングに参 している。 ゲストも多彩 。クリス・ボッティー、メヴィス・ステイプル、シャカ・カーン、デイヴィッド・サンボーンなどなど。 カーティス・メイフィールドの2曲「イッツ・オールライト」と「ピープル・ゲット・レディー」も見事。デイヴィッド・リッツのライナーノーツによれば、アー­ンはカーティスを­去前に見舞っている、という。 アー­ンの声は一瞬聴いた けでわかる。そして、どんなに有名な曲でもどれも、すぐにアー­ン節になる。他人の曲を自分のものにして­えてこそ、何ぼのもの。アー­ンの解釈力は見事というほかない。 ライナーノーツをデイヴィッド・リッツが書いている。また国内盤は2曲ボーナストラックが収録されている。 アー­ン・ネヴィル~ソウル・クラシックを­うAaron Neville / Bring It On Home…The Soul Classics 1. 雨のジョージア 2. 消えゆく太陽 3. ドック・オブ・ベイ 4. スタンド・バイ・ミー 5. ユー・センド・ミー 6. リスペクト・ユアセルフ 7. 男が女を愛するとき 8. レッツ・ステイ・トゥゲザー 9. イッツ・オール・ライト 10. ピープル・ゲット・レディ 11. マイ・ガール … Continue reading

Posted in ALBUM | Comments Off

Diana Ross Has Two New Albums: They Are Like Twins (Part 2)

(昨日からのつづき) 【ダイアナ・­ス双­のアルバ 】 旧作。 もう1枚の『ブルー』は、彼女が 画『レディー・シングス・ザ・ブルース(邦題、ビリー・ホリデイ物語)』を製作­にジャズ・シンガーとしてのダイアナの­力を出そうとしてレコーディングされた作品。文­通り、スタンダードばかりを録音したもの。エスター・フィリップス、ダイナ・ワシントンなど多数のヴァージョンがある「恋は異なもの」を皮切りに、「アイ・ラヴズ・ヤ・ポーギー」などなど、古いスタンダードが並ぶ。これらの声はさすがに若い。 録音されたのは、1971年暮れから1972年にかけて。いくつかは『レディー・シングス・ザ・ブルース』で­われる可能性もあった。 画はダイアナの初の 画で、伝説のジャズ・シンガー、ビリー・ホリデイの自伝もの。そこで、彼女は多くのスタンダードやビリーの作品を­った。『ブルー』のプ­デュースをてがけたのは『レディー・・・』をプ­デュースしたギル・アス­ー。  画の延長線上でスタンダードばかりを­ったアルバ を作った。72年10月に 画が公開され、ヒット。73年3月にはアカデミー賞でノミネートされるものの受賞には至らなかった。しかしレコーディングされたスタンダード・アルバ は、ベリー・ゴーディーの意向で没になる。ちょうど、その モータウンはダイアナをジャズ・シンガーよりも、よりポップな路線で売ろうと考えた。そのためこのジャズ・アルバ はお蔵入りとなったの 。そして、まもなく、ベリー・ゴーディーはダイアナ・­スのポップ路線のシングル「タッチ・ミー・イン・ザ・モーニング」をリリース。これが全米ナンバーワンとなり、その目論見は大成功する。 それから30年余。2002年、­ッド・スチュワートはスタンダードばかりを録音した『グレイト・アメリカン・ソング・ブック』をリリース。これが見事に大ヒット、人気を得て第4集までリリースされまでになった。その第4集で­ッドはデュエットの相手のひとりに、ダイアナ・­スを迎え「アイヴ・ガット・ア・クラッシュ・オン・ユー」を­った。この時のプ­デューサーがスティーヴ・タイレルである。すべての機は熟した。そのスティーヴが、今度のダイアナの『アイ・ラヴ・ユー』でも5曲をプ­デュースした。 モータウンの倉庫には多数の未発表音源がある。ダイアナが新しくスタンダードを録音している話を聴いてか、聴かずか、彼女のスタンダードを掘り起そうということになる。そして、出てきたのがこの『ブルー』というアルバ  。 『アイ・ラヴ・ユー』は、ダイアナが­供たちとニルソンの「リメンバー」を聴いている時に、昔の思い出の­を録音しようと考えついた、という。2005年から2006年にかけてレコーディングされた『アイ・ラヴ・ユー』と1971年から1972年にかけてレコーディングされた『ブルー』には34年の­月の隔たりがあるが、どちらもスタンダードを­ったという点では同じ 。そして、その2枚のアルバ が2006年というこの年に、あたかも、双­の作品のように、世に出ることになったのである。 ブルー ダイアナ・­ス ユニバーサルクラシック 縁は異なもの ノー・モア レッツ・ドゥ・イット アイ・ラヴズ・ヤ・ポーギー スマイル バット・ビューティフル ハド・ユー・ビーン・アラウンド リトル・ガール・ブルー ­ャント・ゲット・スターテッド・ウィズ・ユー ラヴ・イズ・ヒア・トゥ・ステイ ユーヴ・チェンジド マイ・マン イージー・リヴィング ソリチュード ヒーズ・ファニー・ザット・ウェイ テイント・ノーバディズ・ビズネス・イフ・アイ・ドゥ ブルー posted with amazlet on 06.10.11 ダイアナ・­ス ユニバーサルクラシック (2006/09/20) Amazon.co.jp で詳細を見る ENT>MUSIC>ALBUM>Ross, … Continue reading

Posted in ALBUM | Comments Off

Diana Ross Has Two New Albums: They Are Like Twins (Part 1)

【ダイアナ・­ス双­のアルバ 】 新作。 ダイアナ・­スがアルバ を2枚 す。1枚は新録による『アイ・ラヴ・ユー』、もう1枚は1971年から1972年にかけて録音された作品『ブルー』。 『アイ・ラヴ・ユー』は新録 が、なんとスタンダードや昔のヒットをカヴァーした作品集。ちょうど、­ッド・スチュワートの『グレイト・アメリカン・ソングブック』が大ベストセラーになり、その二匹目のどじょう(いや四匹目くらいか?)を狙った作品。マーヴィン・ゲイのヒット「アイ・ウォント・ユー」(これを書いたのはダイアナの弟 った)、バカラックの「ザ・ルック・オブ・ラヴ」、ヒートウェイヴの「オールウェイズ&フォーエヴァー」などなど。­でも注目される選曲はベリー・ゴーディー作でジャッ­ー・ウィルソンの­で1958年にヒットした「トゥ・ビー・ラヴド」。 「トゥ・ビー・ラヴド」はベリー・ゴーディーがモータウン・レコードを­立する以前、ソングライター時代の作品。彼がジャッ­ーに書いた作品群は何曲かヒットしたが、ろくに印税をもらえなかったために、彼は自身でレコード会社を­立することを決意する。それが、モータウン・レコードとなる。1959年のこと 。 そしてそのモータウンに、当時はま 高 生 ったダイアナ・­スがシュープリー スの一員としてやってきた。やがて、ダイアナはグループから独立し世界的スーパースターへ。そのベリー・ゴーディーとも恋仲となり、ベリーの­も産ん 。「愛されることはすばらしい」というこの曲は、ベリー・ゴーディーの生涯のテーマともなり、彼の自伝のタイトルにもなった。(自伝邦題は『モータウン、わが愛と夢』となり=東京F­出版から発売) 1965年5月11日、アメリカのテレビ音楽番組『フラバルー』にイギリスからの新人2人組が登 していた。イギリスで大ヒットした「トゥルー・ラヴ・ウェイズ」をひっさげてやってきたのは、ピーター&ゴードン った。その同じ回に、すでに全米ナンバーワンを放っていた人気黒人女性3人組が出演していた。「ストップ・イン・ザ・ネー ・オブ・ラヴ」まで4曲連続で全米ナンバーワンを記録していたシュープリー ス 。彼女たちは勢いにのって5曲目のナンバーワンを「バック・イン・マイ・アー ズ・アゲイン」で狙っており、それをここで­った。その3人組の­でもリード・シンガー、ダイアナ・­スにイギリスの2人組は圧倒された。 その若者のひとりピーター・アッシャーはその後プ­デューサーとなり、『フラバルー』から26年後の1991年、そのシンガー、ダイアナ・­スをプ­デュースすることになった。彼がてがけたアルバ は『フォース・ビハインド・ザ・パワー』。 そして、それからさらに15年。2006年、再びピーターはダイアナをてがけた。それがこの『アイ・ラヴ・ユー』 。 (つづく) I LOVE YOU posted with amazlet on 06.10.11 ダイアナ・­ス 東芝EMI (2006/10/04) リメンバー モア・トゥデイ・ザン・イエスタディ アイ・ウォント・ユー アイ・ラヴ・ユー ホワット・アバウト・ラヴ ルック・オブ・ラヴ ラヴリー・デイ 愛という名の欲望 (ブライアン・メイ 参 ) オンリー・ユー トゥ・ビー・ラヴド アイ・ウィル ディス・マジック・モーメント ユー・アー・ソー・ビューティフル オールウェイズ・アンド・フォーエヴァー リメンバー(リプライズ) 愛は吐息のように (日本盤ボーナス・トラック) … Continue reading

Posted in ALBUM | Comments Off

30th Anniversary Of “Songs In The Key Of Life”

【『­ー・オブ・ライフ』発売30周年】 霧散。 1976年9月28日、今から30年ほどまえ、全米で一枚のアルバ がリリースされた。スティーヴィー・ワンダーの『ソングス・イン・ザ・­ー・オブ・ライフ』である。これがでて、ちょうど30周年ということになる。このアルバ は、いま に紙ジャケットになったり、再発されたりして、傑作アルバ として多くの音楽ファンに親しまれている。事実、このアルバ がスティーヴィーの傑作アルバ である けでなく、アメリカ音楽史上に残る作品であることに異論を唱える人は少ない。 スティーヴィー・ワンダーが1971年の『心の詩』以降、『トー­ング・ブック』、『インナーヴィジョンズ』、『ファースト・フィナーレ』と出した後にリリースした作品 。彼にとっては、『ファースト・フィナーレ』が『トー­ング・ブック』からの3部作の終 となり、心機一転リリースしたのが『­ー・オブ・ライフ』 った。 僕は『トー­ング・ブック』から『­ー・オブ・ライフ』までの4作は、本当にスティーヴィーの傑作 と思う。当初は、2枚組・プラス17センチEP(4曲入り)という変則な形で発売された。この 、2枚組アルバ というのはちょっとした流行ではあったが、この17センチEP付きというのは後にも先にもこのアルバ 以外にない。 このアルバ は、同年10月8日付けビルボード・アルバ ・チャートで1位初登 を記録する。これも1年ほど前から出る出ると言われ、­々発売されず、待たせに待たされ、発売されたアルバ  った。  が、今から考えれば1年程度の待ち期間など可愛いもの 。なんたって、この前は前作発売から10年も待たされたの から。(笑) 僕は当時『­ー・オブ・ライフ』は、日本盤を先に手にいれたと記憶している。輸入盤は10月15日に入手していた。日本盤の解説は、ご­知の方も多いと思うが、今は亡き福田一郎氏である。この時福田氏は51­ った。 ところで、アメリカ盤と日本盤、ちょっとした違いがある。アメリカ盤は、サイド1の裏がなんとサイド4、サイド2の裏がサイド3という組合せになっているの 。ところが、日本盤は、サイド1の裏はちゃんとサイド2、サイド3の裏がサイド4になっている。 それにしても、「ラヴズ・イン・ニード・オブ・ラヴ・トゥデイ」から始まり、サイド4の最後「アナザー・スター」までの17曲の流れは、本当に完璧である。「イフ・イッツ・マジック」~「アズ」~「アナザー・スター」のメドレーなどなんでこんな流れを作れるのかため息しかでない。全曲を聴くと105分余になる。 今時のシンガーは、このアルバ に収められている曲をカヴァーしておけば、まず間違いない。(笑) 30年という年月が、このアルバ の前には一瞬にして霧散する。 ENT>MUSIC>ALBUM>Songs In The Key Of Life  

Posted in ALBUM | Comments Off

Joe Sample’s New Album Featuring Randy Crawford

【ジョー・サンプル最新作は、ランディー・ク­フォードとともに】 共演。 クルセイダーズの­ーボード、ピアノ奏者であり、またソ­・ピアニストとしても多数の作品を発表しているジョー・サンプルが、『ソング・リヴズ・オン』(1999年)、『ピーカン・トゥリー』(2002年)、『ソウル・シャドウズ』(2004年)に続く新作『フィーリング・グッド』を2006年7月19日日本先行で発売する。 このアルバ は、全14曲、ランディー・ク­フォードのヴォーカルをフィーチャーしたもの。ランディーは、1979年、クルセイダーズが初めてヴォーカルをフィーチャーした作品を録音したアルバ 『ストリート・ライフ』の時のフィーチャード・シンガー。言ってみれば、クルセイダーズにとっての記念すべきヴォーカル第一号である。そのランディーと27年ぶりの再会となる共演となった。また、過去50年にわたるジョー・サンプル作品、クルセイダーズ作品の­で、収録曲全曲がヴォーカルとなっている作品は初めて。あらゆる点で話題であり、また完成したアルバ の内容も実に 晴らしいものになっている。 ジャズ・クルセイダーズから「ジャズ」が取れて、単なるクルセイダーズとなり、そのジャズ・ファンク・バンドが、初めてヴォーカルをいれた作品をリリースしたところ、未曾有の大ヒットに。その「ストリート・ライフ」によって脚光を浴びたランディーは、自らソ­・シンガーとして多数の傑作アルバ を すことになった。 また、ジョー・サンプルもこのところ、『ソング・・・』『ピーカン・・・』と大々的にヴォーカリストを起用。­物への傾注が顕著 った。そこに昨年、モントルー・ジャズ・フェスティヴァルでジョーたちとランディーの共演があり、それが大変な評判を集めたことから、本 的なアルバ 制作につながった。 今回のアルバ のプ­デュースは、トミー・リピューマ。多くのジャズ、フュージョン作品をてがけてきた超ヴェテラン。また、バックをつけるのが、スティーヴ・ガッド(ドラ ス)、クリスチャン・マクブライド(ベース)、レイ・パーカー(ギター)、ヒュー・マクラッケン(ギター)など超一流のミュージシャンたちばかり。 集めた曲もスタンダードソングで、かなり耳なじみのある作品でまとめられた。ジョー・サンプルが作り上げたアルバ として、最高傑作と呼ばれることになる ろう。今年のジャズ・フュージョン界、また、ヴォーカル・アルバ の­でも最大級の話題になることまちがいない。 個人的にもここ1ヶ月ほど、繰り返し何度も聴いて、超ヘヴィー・­ーテーションになっていた作品 。これまでのジョーの作品を気に入っている方ならまちがいなく気に入っていた ける作品になっている。  ジャケットなど。 http://www.videoartsmusic.com/ap/?mod=m02&act=a02&iid=874 Product Number : VACM-1283 Release : 2006.07.19 Genre : Jazz/Fusion Media : CD Price : \ 2,940 (Tax Inc.) ジョー・サンプルJOE SAMPLE and RANDY CRAWFORD フィーリング・グッドFeeling Good 01 フィーリング・グッド02 エンド・オブ・ザ・ライン03 … Continue reading

Posted in ALBUM | Comments Off